ウインドサーフィンスクールのHALE 湘南・江ノ島 - ランチング
hale_surf

ランチング - ウインドサーフィンスクールのHALE 湘南・江ノ島

HALE SURF&SAIL WindsurfingSchool
上達のヒント
ランチング(道具の運び方)
ウィンドサーフィンブック出版しました。

 

コツは風に逆らわないようにすること。
意識していれば、だんだんと出来るようになっていきます。
海上での道具のトリムの上達にも役立ちますのでランチングを練習してみるのも良いと思います

 

その1
その1

浜に道具を置く時には、ボードは風上側、セイルは風下側にします。
運ぶ時には先ずセイルの方から持ちます。
その2
その2

次にストラップを持ちます。
その3
その3

持ち上げます。風に対する角度で、道具の重さが大きく変わるので軽く持てる位置を探してください。
その4
その4

ブームの下のマストを持って、セイルを風に立てます。
その5
その5

頭をフットの位置にもっていき、セイルを頭にかぶせていきます。
その6
その6

頭の位置が支点となり、セイルトップの重さでジョイントが持ち上がり始めたら、
それに合わせてボードを上げていきます。
この時に風に対してセイルが良い位置に来るように角度の調節をします。
その7
その7

風に対して位置が合っていれば、道具は軽くなり、
頭でセイルを支える負担は減りますが、それでもセイルに負担をかける持ち方と言えます。

hale_surf
footer