ウインドサーフィンスクールのHALE 湘南・江ノ島 - ウォータースタート
hale_surf

ウォータースタート - ウインドサーフィンスクールのHALE 湘南・江ノ島

HALE SURF&SAIL WindsurfingSchool
上達のヒント
ウォータースタート
ウィンドサーフィンブック出版しました。

 

メイクしたときの達成感の強い動きです。
出来るようになれば適応出来るコンディションが大きく広がりますので、強風でも楽しみたい人は絶対にマスターしておいてください。

 

水抜き準備
水抜き準備

先ずは状況チェック。必ず風向きを意識しながら行います。
アビームあたりの目標物をとっておくのも良いでしょう。
【水抜き準備】テイルにブームが乗っかる場合にはのせてしまった方が楽に出来ます。
セイルが水中に沈みこんでいる場合にはマストを持って風上に泳いでセイルを水面ギリギリにもって行きます。
水抜き
水抜き

セイルを水面ギリギリに持っていったら、前の手でマストを掴み風上側にセイルを移動させてセイルを水から引き抜きます。
水抜き
水抜き

顔の前にハーネスラインが来るぐらいまでセイルをポジションさせます。
水抜き
水抜き

少しジョイントを風下に送り込み、セイルの場所を整えてセイルが自重で浮く場所に持っていきます。
水抜き
水抜き

セイルが浮いたら両手でブームを掴みます。この時に絶対にセイルにぶら下がらないように。
自分の体重は立ち泳ぎで支えます。
起き上がり
起き上がり

アビームぐらいにボードを向けます。
セイルに風を入れてボードを走らせないように注意してください。
起き上がり
起き上がり

後ろ足をテイルに乗っけます。
ボードがラフしないように注意してください。
起き上がり
起き上がり

両手を使ってマストをノーズ側に送り、セイルに風を当ててセイルをおこしていきます。
起き上がり
起き上がり

セイルを自分の方に引かないように、前足を乗せるのを急がないように注意して。
一度出来たら、後は成功率を上げるのみ おしまい。一度出来たら、後は成功率を上げるのみ。
めげずに練習しましょう。
立ち泳ぎが苦手な人はライフジャケットを使うのも良い方法です。
落ちタックでウォータースタートの練習。 落ちタックでウォータースタートの練習。
なんていう方法もあります。
 
 
 
 
 
 

hale_surf
footer